Tất cả câu hỏi
Số câu hỏi mỗi trang
  • cho mình hỏi “đường số 1” trong tiếng Nhật là gì?

    utitgg Thành viên mới Asked 5 days ago in Văn hoá.
    • 427 views
    • 5 answers
    • 0 votes
  • e đi dịch  cho bạn muốn nói .: Trước khi sang nhật bạn e có quan hệ với gái mại …

    binhminhtroilaisang Thành viên mới Asked on September 6, 2017 in Văn hoá.
    • 305 views
    • 3 answers
    • 0 votes
    • 633 views
    • 4 answers
    • 1 votes
  • Em coi phim trinh thám thấy mấy ông cảnh sát cứ đùa nhau là:Ê,mày thấy cái tiệm momimomin đời tươi …

    Tư Huệ Thành viên tích cực Asked on August 29, 2017 in Văn hoá.
    • 285 views
    • 4 answers
    • 0 votes
  • Như mình được biết, khi đi ăn ở Nhật, nhân viên hay mang ra một món ăn nhẹ để mình …

    1NaiChuoi9 Thành viên tích cực Asked on August 23, 2017 in Văn hoá.
    • 350 views
    • 1 answers
    • 0 votes
  • こうちゃる nghĩa là gì các bác êêê !!!

    Js Mxyzptlk Thành viên mới Asked on July 20, 2017 in Văn hoá.
    • 323 views
    • 1 answers
    • 0 votes
  • Có bạn nào có sở thích dịch nhạc Nhật với minh không nhỷ?

    Le Tieu Di Thành viên mới Asked on June 12, 2017 in Văn hoá.
    • 227 views
    • 4 answers
    • 0 votes
  • 「守破離(Shu Ha Ri)」という日本の言葉をご存知ですか?守破離は日本に伝えられる、人が物事を学んで独り立ちしていく3つのステップを指します。 「守」は基本を学び、決められた型を繰り返す段階(型を守る)。「破」は基本に自分なりの応用を加えていく段階(型を破る)。「離」は型にとらわれず自在に動けるようになる段階(型を離れる)。私自身、何か新しいことや経験がないことをやるときは、まず「守」を心がけます。同僚や、あるいはビジネス上の競合がどうやっているのかを見て、真似をします。経験がない物事を色々自分で考えてやるよりも、経験者のやり方を真似る方が、多くの場合適切で早いものです。 もし皆さんが新しいことにチャレンジしたり、もしくは仕事で行き詰ったりしたら、「まずは守」を試してみてください。 Trong xã hội Nhật, 守破離 là phương pháp học gồm 3 bước: 「守」 là học …

    danghuy283 Thành viên mới Asked on June 3, 2017 in Văn hoá.
    • 284 views
    • 0 answers
    • 1 votes
  • それでも全体では、男性の七二%がこの考え方を肯定している。ただこの回答は、かなり建て前的意味合いが濃いとも思う。現実に組織に組み込まれた時、「たかが出世なんて」と超然としてはいられないことも確かである。仕事を通しての自己実現は、出世や昇進と比例するようなところがあるし、また社会全体の個人に対する評価も、会社の肩書を通して行われるようなところがある。ある会社で課長制度をなくしたら、社員の妻だちから反発が出たという。ある程度の年になってせめて課長くらいの肩書がないと、隣近所にみっともないというのがその理由だった。 夫を最もよく理解しているはずの妻ですら、会社の肩書を通してしか、社会に対して夫の偉さを誇れないところに問題の複雑さがある。そしてそんな背景があるからこそ「会社人間」、すなわち「出世競争への参加を自己実現だと信じ、身を粉にして働き、さらには自分がいなければ組織が動かないと思い込んでいる」人二九九一年の「国民生活審議会・中間報告」の定義)が、次々に量産され続けてきた。一部上場の財閥系企業に勤めるA氏は、一九六一年の入社である。同社の場合、四年制大学を出た人が順調に出世の道を辿るとすれば、入社八年目に主任、一四、五年で課長、一九年で次長、二二年で部長ポストに到達する。A氏は部長になるのに二五年かかった。同期生には、すでに役員になった人もいる。同期生のトップを走っているわけではないが、それでもサラリーマンとしてのA氏の人生は恵まれた方である。 いまから三〇年前、一緒に会社の門をくぐった同期生は約六〇人たった。最初のうちは同期会も定期的に開かれていたが、主任年齢の入社一〇年目あたりから、社内での地位に格差が現われはじめて、参加者が少なくなり、開かれなくなった。入社二〇年くらい経つと、半数以上の同期生が子会社や取引先企業に散って行った。いま、部長になっているのはA氏も含め六人、同期生の一割である。これからは大量入社の団塊世代が部長適齢期を迎えるが、彼らは同期生の一割も部長になれるかどうか怪しいと言う。 A氏が部長になった時、妻は心尽くしの手料理で祝ってくれた。取締役になれるかどうかはこれからの働き方次第である。社外との付き合いも増え、帰宅も遅い日が続くが、「家族は理解してくれている」と、A氏の自信は揺るぎない。出世の条件は何かと尋ねたら、「人柄、人格と能力、それに運ですが、やはり運が一番作用するかもしれない」という答えが返ってきた。人事測定研究所が企業を対象に実施した「昇進・昇格実態調査」二九九一年)に四作によると、五割の企業が定員管理はしていないと答えている。 定員管理とは、一つのポストに数人の適任者がいたとしても、ポスト枠は増やさず一人しか昇進させないという考え方だ。当然のことながら、激烈なポスト争奪戦が繰り広げられる。どんなに優秀な集団だろうと、社員一人ひとりにあえて甲、乙を付けないと組織を維持できないところに、サラリーマン社会の厳しさがある。企業社会は、体質的に競争の原理に支えられた社会なのである。ポスト不足が深刻化する一方で、実力があれば若い世代だろうと早く登用しようという機運も高くなっている。 図は一九八七年と九一年とを比較し、昇進のスピードが早くなっているかとうかを点検したものである。八七年調査では、「早くなっている」と答えた企業は二ニ社に一社だったが、九一年調査では四社に一社の割合に増えている。ちなみに現在課長への昇進年齢は、平均三九・七歳、部長は四六・七歳である。年功から実力主義の時代へと移行しつつあることを象徴するのが、最近一部の企業が導入し始めた、いわゆる「飛び級制度」である。昇進・昇格の際に必要な一定の勤務年数を短縮し、先輩社員を飛び越して上位の管理職になれる制度だ。人事の滞留による士気の低下を防ぎ、管理職の若返りを図る狙いを秘めている。

    Huyen_tuonglai Thành viên mới Asked on April 13, 2017 in Văn hoá.
    • 322 views
    • 3 answers
    • 0 votes
  • Bánh đa cua Bún chả nem + nem hải sản Bánh đúc + mắm tôm + muối vừng Cơm nắm …

    VivianNhinhi Chuyên gia Asked on March 30, 2017 in Văn hoá.
    • 461 views
    • 3 answers
    • 0 votes